イメージ画像

助産師の求人と転職成功術

助産師は、非常に転職率が高い仕事としても知られているようです。これは看護師も同じですが、離職率も高く、なかなか同じ現場で長年働く人は少ないです。その理由として挙げられるのが、勤務形態の問題です。特に助産師は人材不足が騒がれていることもあり、一人あたりの負担が大きくなっています。
助産師の求人需要について

人手が足りている現場ならば何人かで手分けをしてできるような仕事も、人手が足りていないと残業が増えることに繋がってしまいますよね。どれくらいの人員が確保できているかというのは職場によって違うので一概には言えませんが、より良い職場を求めて転職を繰り返している人が多いのも事実です。

気になる転職事情についてですが、助産師の需要はとても多いため、転職先を探すことは難しくありません。できるだけ良い職場を探したいと思っているのであれば、転職サイトを活用したほうがいいでしょう。

転職サイトにはコンサルタントがいるので、一人一人の希望を聞いたうえで、その人に一番合った職場を紹介してくれます。個人で探すだけでは見つけられなかったような好条件の職場も見つけることができるので、個人で探すのはおすすめできません。

また、個人で行いにくいような交渉も代わりに行ってもらえるのが大きな魅力です。例えば、給与の交渉や休みの交渉などは、働く前に自分から言い出すのは難しいですよね。そういったものもコンサルタントが代行してくれるので、より良い環境で働くことができるようになるのです。

助産師として働き始めると忙しくなるため、転職活動のために十分な時間をかけることができないという人もたくさんいます。だからといって、適当な職場を選んでしまうと、結局はまたすぐに辞めることになってしまうでしょう。

転職サイトを活用すれば、自分の代わりに良い職場を探してもらうこともできるわけなので、忙しい人でも無理なく転職活動をすることができます。自分にとって働きやすい職場探しに役立ててみてはどうでしょうか。

助産師に認められている仕事

助産師といえばお産に関わる仕事をするということもあり、医療行為ができる人だと認識している人も多いのではないでしょうか。ですが、なにができてなにができないのかということは、線引きされています。医師のように、全ての医療行為ができるわけではありません。

産後には臍帯の切断を行う必要がありますが、これは助産師でも行うことが法律で認められています。理解しておきたいこととして、助産師が行えるのは正常分娩での助産行為です。例え、正常分娩を希望して助産院に入っていたとしても、妊娠期間中に何らかの異常があった場合は助産院で出産をすることはできません。

なぜならば、助産院では帝王切開などの医療行為を行うことができないからです。この他にも、出産の途中で赤ちゃんの心音が聞こえなくなってしまったり、逆子であるという場合には病院や医療機関に搬送されて、そこで出産を迎えることになります。

助産院は病院とは違った温かい雰囲気の中で出産ができるということで人気がありますが、医療行為ができないということは、出産の途中で何か緊急事態が起きてしまった場合、そこでは対応することができないということでもあります。助産院では対処できない状態になった場合、すみやかに病院に搬送することが求められます。

病院での助産師の仕事といえばなにかというと、ここでは看護師とほとんど同じような仕事をすると思っていいでしょう。助産師は助産に関わる医療行為が認められているものの、それ以外は行うことができないと理解しておきましょう。

出産に関する医療行為が認められているわけではなく、あくまで正常分娩での出産時の助産に関する医療行為です。これは、どんなに経験を積んでいて優秀な助産師だったとしても同じです。

法律で定められていることであるため、知識や技術があるからといって、医療行為を行うことはできないのです。助産師が行ってはいけない範囲の医療行為を行って問題になってしまうことも過去にはあったので、よく理解しておきましょう。

このページの先頭へ